メガネデビュー

「メガネ」・・・いつかはかけてみたいものだ・・・。

大学の授業の一環で、来週までにイラストを描かなければならなかった
自分は、いつも通りの大学のPC室に入り、PCの前に座る。

そして、ペンタブレットを持ちイラストを描き始める。

それから1時間後、目が充血しているような感覚がする。
「くそッ!・・・ブルーライトのせいか!」
スマホやPCの液晶画面から発生する「ブルーライト」。

これが非常にやっかいな光であり、人の視力を低下させるとか。

PCから離れ、少し休憩をしに外のグラウンドへ。

「なんかいい方法ないかな?目がしんどくって」
グラウンド先で出会った友人に、目の悩みを質問すると
「ならあれだ、PC用メガネが必要じゃん」
とくに考えることもなく、簡単に返答が返ってきた。

PC用メガネ・・・?
なるほど、帰りに店で買ってみよう。

今日の仕事を終え、駅の近くのメガネ屋に足を運んだ。
「えっ・・・思ったより高い・・・。」

1千円ちょっとより、3千円近くの値段がするとは驚きを隠せなかった。
「まっ・・・まあ、目の保養のためだしな・・・。」

今月懐が寒い自分にとっては、少し苦痛の決断だったが自分の肉眼のために、3千円を店の店員に手渡した。

家に着き、PC用メガネの蓋を開け、自分の顔に装着してみる。
「なかなか・・・」
大学の友人の感想が気になる今日この頃の出来事であった。

コメントを残す