巨人阪神首位攻防戦面白い

8/26から始まった巨人阪神の3連戦初戦は
延長に持ち込んで巨人が10回裏にロペスの
サヨナラヒットで勝利。

第二戦は10回表スコットマシソンから阪神ゴメスが
ホームランを打って振り切って2.5ゲーム差、
実はこの3連戦は負けても勝ってもクライマックスシリーズに
出ることはもうできるから焦ることはないのだけど

やはり、巨人と阪神は丁度いい位置で切磋琢磨しないと
セリーグが盛り上がってはいかないのだ。

伝統の一戦といわれだけあってこの2チームが対戦するときは
優勝争いをしている状態でないと面白くはならない。

巨人は、実はけが人だらけだし去年勝利の方程式とか
言われていた3本は投げさせないと解らない状態になっている
信頼して投げさせた山口はコントロールが悪くてボールを連発した
挙句大事なところで打たれるという悲しい展開で大事な試合を落としてきた。

マシソンはコントロールは相変わらずだが、最近少しは落ち着いてきた
西村に至ってはまだ復調は出来ていない。

至って阪神は少し復調してきた先発投手が足りないようには見えるけど、
気力で持って戦っている。

今日迎える3戦目は、藤波と澤村が先発だ今日勝った方がセリーグの
主導権を握ってクライマックスへと向かっていくのだろう。